忍者ブログ
このブログは「2ちゃんねる」の「ニュー速vip」に投稿される「ブーン系小説」について気ままにまとめたり、感想などを書いたりするブログです。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
アーカイブ
22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 09:18:25.91 ID:1k7J7qfnO
今から書きますんで保守してくださいね
荒らしはかえってください
保守してね

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 09:26:21.54 ID:E0HTyQ6p0
さっさとかけよカス

5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 09:28:09.43 ID:Fa+gXOxmO
書いてから立てろよ

8 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:25:23.16 ID:4Lru+ACG0
じゃあ俺が書くよ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:29:58.39 ID:4Lru+ACG0
199X年、農家は核の炎に包まれた!!

田んぼは枯れ、畑は裂かれ、なんか色々絶滅した!!


だが、百姓は死んではいなかった!!!
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:35:35.44 ID:4Lru+ACG0
( ^ω^)「いい天気だべお……」

川 ゚ -゚) 「いよいよ今日だべなぁ、
      農家を継ぐのが嫌で、八年前家を飛び出し、東京さ行った
      息子のドクオがけえってくんのは……」

( ^ω^)「電話で話した限り、丸くなったようで何よりだべお。
       向こうで何の商売してんだがしらねぇけんちょ、
       元気でやってる事に越した事ねぇけんお」

川 ゚ -゚) 「昼頃には到着するって言ってたなぁ、顔見んのえれぇ楽しみだわ」

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:38:58.07 ID:4Lru+ACG0
(´・ω・`)「おぅーい。ドクオが来たぞー! 帰ってきたぞー!!」

( ^ω^)「おっ? 随分とはえぇなぃ、そんなに寂しかったかwwww」

川 ゚ -゚)「待たれよブーンっつぁん! 何か様子がおかしいぞい!!」

( ^ω^)「お?」


バギューン

14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:44:58.00 ID:4Lru+ACG0
不意に鳴り響く銃声に、その場の人間は凍りついた。
飛び散る鮮血、数秒遅れて、悲鳴。
この呆れるほど喉かな村では考えられない事態だった。
撃たれたのだ、村長のブーンが左肩を抑え、悶え苦しんでいる。
ブーンは目を前に向けた。
そこには信じられない光景がある。
ドクオが、息子が、手塩にかけて育てた我が息子のドクオが、
拳銃を構え、こちらを睨んでいた。
そして、放たれた一言。

('A`) 「ただいま」

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:49:09.67 ID:4Lru+ACG0
( ^ω^)「おぉーう、よくけえってきたなぃ!」

川 ゚ -゚)「こんな大きくなりよってぇ、元気にしてだかい?」

('∀`)「へへ、お陰様でね。
    東京じゃ、イラストレーターとして働いてるんだ。
    まだまだ駆け出しで、チンケなアパートに住んでるんだけど、
    いつかは父ちゃんと母ちゃんに旅行行かせてあげるくらい
    儲けてやるから!!」

( ^ω^)「そりゃ楽しみじゃのぉ」

ブーンの左肩から大量の血が流れている。

16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:50:10.43 ID:v37Ss4zH0
なんじゃそりゃ

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:53:54.97 ID:4Lru+ACG0
ドクオが帰ってきて、五日目の朝が来た。

( ^ω^)「うぉぉーす、朝だぞドクオ! 今日も畑仕事手伝って貰うけん!」

('A`)「おう! じゃあ作業服に着替えてくるばい」

川 ゚ -゚)「そんな頑張らなくてもいいんだよぉ……
     ゆっくりしていって欲しいもんだよ」

19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:56:47.72 ID:4Lru+ACG0
朝から太陽が地を照り付け、その大地に人間が立つ。

( ^ω^)「じゃあ準備運動から始めるぜ」

('A`)「いつでもいいよ親父」

( ^ω^)「1、2、1、2、3、4!!」

('A`)「ピカチュウ、カイリュウ、ヤドラン、ピジョン、コダック
    コラッタ、ズバット、ギャロップ……」

20 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 10:57:08.63 ID:rO/K/vEW0
なんという東京タワー
こいつは間違いなく支援

22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:01:38.14 ID:4Lru+ACG0
('A`)「じゃあ俺東京さ帰るだ」

(´・ω・`)「元気にやれよドク坊」

('A`)「小さい頃から俺を世話してくれたショボンおじさんは心配性なんですよ」

川 ゚ -゚)「ドクオ、これ……少ないけど……」

そう言ってお袋は、ドクオの手に何かを握らせた。

('A`)「お袋、これ……」

( ^ω^)「何も言わずとっておけお」

(;A;)「ありがとう」

帰りの新幹線でまた泣いた。
手に握らせた物に涙が零れ落ちる。

('A`)「地域振興券ありがとう……」

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:02:30.75 ID:J+fihMa70
程よくカオスwww

24 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:03:08.88 ID:rO/K/vEW0
なんという説明口調www

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:05:31.20 ID:4Lru+ACG0
「つぎは~東京~東京~」

('A`)「おっといかんいかん、居眠りしてた」

「お降りの際は~スイッチを押してください~」

('A`)「はいはい」

ピンポーン

「次~止まりま~す」

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:08:48.44 ID:4Lru+ACG0
プシュー……

新幹線の扉が開く。

( ´∀`)「ちょっと、お客さん! 料金払ってよ!!」

('A`)「ああすんません、これでいいですか?」

地域振興券

( ´∀`)「はい、確認しました」

そう言って運転手ははんこを押してくれた。

( ´∀`)「10ポイント溜まれば、新幹線タダになるから」

('A`)「はい、どうも」

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:10:48.89 ID:rO/K/vEW0
いいのかよwww

28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:13:57.86 ID:4Lru+ACG0
('A`)「さーて、我が家に帰ってきたわけだが……」

8LDKの部屋に戻ってきた。
そこには既に数人の女がピンクのソファーに座っている。

从'ー'从「もう、何日待ったと思ってるのよ」

('、`*川「ドクオがいなくて……寂しかったわよぉ」

川д川「でも帰ってきてくれて、し・あ・わ・せ」

('A`)「はっはっは」

29 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:15:07.12 ID:4M+qUIzX0
ドクオが羨ましすぎて鼻血出た

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:18:06.50 ID:4Lru+ACG0
『自宅に数人の女を連れ込み、わいせつな行為をした男が逮捕されました。
 男は女性を占うと口車に乗せ、「貴様は私と暮らさないと死ぬ」と脅迫して、
 女性を監禁した模様』

川 ゚ -゚)「東京は怖いねぇ」

50インチの薄型テレビを見ながら、お袋さんは呟いた。

( ^ω^)「ドクオは強い子だから平気だっつぅの」

32 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:22:09.97 ID:4Lru+ACG0
路地裏、パトカーの音、
そこは深い闇、表の世界から隔離された闇。

('A`)「はあっ……東京は怖い所じゃけぇのぅ……」

( ´∀`)「見つけたぞ脱獄者!!」

('A`)「チィ!!」

34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:24:57.15 ID:4Lru+ACG0
単純に膂力の差だろうか。
右手を蹴り飛ばされ、ガードが開いたドクオの右側へとナイフを突き込む。
だが、ドクオは脚力だけで無理な体勢からとび跳ねて逃れる。
着地直後の隙を突いて僕が追いすがり、ナイフをさらに突き出すが、鉈の厚く、広い刃の側面で受け止める。

「・・・・・・・・・・・・ッ!!!」

モナーがひるんだ隙に反撃に出るかとも思ったのだが、自分の体勢を立て直す事に専念し、僕から飛び退った。
意外に冷静だ。
ドクオはそのまま再び重心を低くして、僕へと接近してくる。
足を大きく開いて前に沈んでいくように進む歩法。
一歩一歩が大きい代わりに、一歩から次の一歩まで繋げるのに時間がかかるが、異常なまでの脚力でそれをカバーしている。
動きに緩急が付き、動きを捉えにくい上に、前傾姿勢、低重心、猫背が合わさってそれこそ地を這う蛇のように迫ってくる。
強い。だが、今のモナーに恐怖は無い。
ただ、ドクオの打ち込んでくる先にナイフを持っていき、冷静にドクオの斬撃の軌道を防ぎ、受け流し、そらしていく。
数合打ち合ってわかったが、一件何も考えずに力任せに振り回されているように見えるドクオの鉈は、実に計算されつくして動いている。
地を這うような体勢で、下から上をめがけて、回転を動きに取り入れつつ遠心力を利用して鉈を振るう。
あの低い重心でよくこれほど機敏に動けるものだ。
ドクオは今度はモナーの頭部を狙って鉈を横なぎに振るう。
だが、ドクオの攻撃は一撃一撃が大振りだ。
読めないわけがない。
モナーはドクオの振るう鉈の軌道上にナイフを掲げて防ぐ。

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:28:56.77 ID:v37Ss4zH0
ああ、百姓部落と百姓ブラックがかけられてるのか
今ようやく気づいた

36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:30:02.59 ID:4Lru+ACG0
それから色々あって、ドクオは田舎に帰ってきましたとさ

主題歌 雅山福治『東京にもあったんだ』

38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:32:41.95 ID:rO/K/vEW0
最後ひでえwwww
乙!

39 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:33:00.02 ID:4Lru+ACG0
あとがき

まず>>1 乗っ取ってすまんかった
あと無糖様、シリアルキラーを丸々コピペしてすいませんでした
よく見たら>>34、三人で戦ってね?

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:49:20.47 ID:VFQJsW4qO
ひでぇwww乙wwwww

41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[]:2007/05/03(木) 11:50:10.10 ID:4M+qUIzX0
乙www
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback URL
Copyright c 錆びれた井戸 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]